パパ活でエッチを誘われた時に上手くかわすコツを教えてください。

パパ活でエッチを誘われた時に上手くかわすコツを教えてください。

パパ活をしていると、時にはパパからエッチを誘われる時もありますよね。

しかし、パパとエッチしたくない、エッチなしでパパとの関係を続けていきたい人も多いのでは?

そんな困った時の為に、パパとのエッチを上手くかわすコツを紹介したいと思います。

事前に行うことは二つ

パパと実際に会う前に、まずは肉体関係を持たずに済むように事前に相手にメッセージを送っておきましょう。

具体的には

  • パパ活サイトのプロフィール欄に肉体関係NGを明記しておく
  • 条件交渉で肉体関係は持たない事を条件に提案する

この二つです。

プロフィール欄に肉体関係NGと書いておけば、エッチ目的の男性はまず興味を示してきません。

それでもエッチ目的で連絡してくる男性には、事前に肉体関係は持たないと伝えておけば、強引にエッチに持ち込む気はなくすので安心です。

また、条件交渉の際のLINEやメッセージは証拠として、しっかりと保存しておいてくださいね。

上記の二つはパパ活で肉体関係を避ける大前提なので、絶対に行っておきましょう。

実際にパパ活中に肉体関係を持ちかけられ時の断り方とは?

次に、実際にパパ活中に肉体関係を持ちかけられたら、どのように避けるのがベストか。

上手にかわす方法は以下です。

契約違反と伝える

事前に肉体関係を持たない事を条件にしていたなら、まずは契約違反だと伝えます。

大抵のパパはこれを言われれば素直に引きますが、それでも引き下がらないパパには証拠のLINEやメッセージを提示しましょう。

ここまでされれば、さすがにパパも諦めるはずです。

肉体関係ありなら会えないと伝える

証拠を提示されても諦めないパパは、アナタに恋愛感情がある可能性があります。

そんなパパには肉体関係ありなら会わないと伝えてみましょう。

肉体関係なしで関係を続けるか、好意を持つアナタとの関係を断ち切るか。

パパはこの二つを天秤にかけます。

その結果、肉体関係を持たなくていいと答えたらそのまま関係を続ければいいし、それでもエッチを誘ってきたら自分から関係を断った方がいいです。

なぜなら、今回は上手く切り抜けられても、次回以降にパパが強引に肉体関係を持とうとしてくる可能性があるからです。

肉体関係を絶対に持ちたくないなら、こちらから関係を切る事も視野に入れておきましょう。

パパ活でエッチを上手くかわすコツを紹介しました。

エッチを断った後でもパパとの関係を上手く続けていきたいのなら、フォローは絶対にしておきましょう。

LINEで「パパが大好きなのは本当だよ」と伝えたり、直接会った時に「この前は楽しかった!」と言ったり、ささやかでもいいのでフォローしておけば、落ち込んだパパの気持ちも少しは癒えるはずです。

断った後はフォロー!これを忘れないでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました